スタッフブログSTAFF BLOG

費用対効果の悪い家

私は、家づくりにおいて

気にしている一つをご紹介します。

 

私が自分の家でという前提で

書きますので、ひとつの意見として

お読みください。

 

『 費用対効果 が悪いものは使いたくない 』

ということです。

 

例えば、小さなウッドデッキ

私の自宅のウッドデッキは現在は、撤去してありませんが

当時3畳のウッドデッキがありました。

このウッドデッキ、5年ほどありましたが、

子供のプールに数回、バーベキューの時の腰掛に使用

したのが数回、何もなく腰かけたのが数回。

友達と酒を飲んだのが1回。

他にスタンドタイプの物干しを一時期置いていたくらい。

 

このウッドデッキ

どのくらいの費用がかかったのかというと

材木・塗装・土間コンクリート・束そして工賃で約20万円。

 

20万円かけて5年で使った内容を考えても全く元がとれて

いる気がしない・・・

プールも子供が小さい時だけ・・・

 

こんなパーツや場所、設備が住んでわかることが

たくさんあり後悔しています。

 

例を挙げればもっとありますが、ここではやめて

おきます。

 

こんな経験をし、家づくりで費用対効果の低い

モノ、場所がとても嫌いになってきました。

 

たいして使わない部分に毎月住宅ローンを支払って

いると考えたらより嫌になってきます。

そこには、利息がついてきます。

 

部屋の広さや商品に関して本当に必要かをしっかり

ご夫婦で話あいましょう!

 

逆になぜ必要なのかが明確になれば、先ほどのウッド

デッキも違った形になったんだと思います。

あと10万円+すればバーべーキューができる大きさの

ウッドデッキになり、使う機会も増えたと思います。

 

 

 

 

堺市南区の注文住宅をつくる工務店

KITOKITO HOME&LIFE

堺市南区の雑貨屋

KITOKITO