スタッフブログSTAFF BLOG

住宅ローン40年はどうなのか?

住宅ローンと言えば35年420回が私達の業界では

本当によく出る数字の一つです。

最近では、40年の住宅ローンも増えてきています。

「 40年って! 」と思われる方もいるかと思い

ます。

 

一般的な考え方では、借金はするなという文化が

あり40年という通常よりも5年長い期間の借入

をすることがいけないのでは?となってしまいます。

 

私の個人的な考え方としては、これもありなのでは

と思っています。

ただし、条件をしっかりクリアする必要があります。

 

例えば 借入金額4000万円 固定1.4%

ボーナス払いなしとして

① 35年の場合

月々 120,523円

 

② 40年の場合

月々 108,880円

 

①と②の差 11,643円となります。

 

この差額を毎月投資信託やiⅮeco、NISAなどで

積立することでどうなるのか。

金融庁のホームページ NISAのページで

シュミレーションすると

1年目 139,716円からはじまり

30年後には6,759,748円になります。

通常139,716×30年=4,191,480円

ですから30年で2,568,268円の差と

なってきます。

 

40年で5%の想定にすると、もっと貯金が増える

計算になります。

 

ここで先程の条件とは

【 毎月しっかり貯金をし運用に回す 】

ことが条件となります。

こうした事をコツコツ毎月できれば、

5年分の金利を差し引いても、将来

数百万円多く手元に残すことが可能になるの

ではないでしょうか?

 

リンク ☟

ライフプランシミュレーション : 金融庁 (fsa.go.jp)

ご自身でシュミレーションしてみると現実味が

出てきますので一度行ってみてください。

 

もう一つは5年間多く保険がつくということで

長く保証されるということも40年ローンの

メリットになります。

 

KITOKITOでは、家の話だけではなく資金の

ご相談も行っています。

では。

 

 

堺市南区の注文住宅をつくる工務店

KITOKITO HOME&LIFE

堺市南区の不動産(土地探し)

KITOKITOトチノコト

堺市南区の雑貨屋

KITOKITO