スタッフブログSTAFF BLOG

住宅のバランスを考えてみよう。

堺市南区の工務店KITOKITOの土居です。

私は、お盆休みを利用して北海道に旅行

に来ています。

このタイミングの北海道はとても過ごし

やすく、心地よい気温です。

 

一昨日の夜、北海道で地震がおき

本当に日本のどこに居ても、地震は

おこりますね。

 

地震を身近で感じるとやはり対策は

するに越したことがないとより感じます。

 

この40年で大阪でも地震は700回以上

そのうち震度1〜5がほとんどです。

 

この40年のデータから考えても、この

小さな揺れに対応する対策が最も有効で

費用対効果もよいということになります。

 

そして、よく間取りのご希望を聞くと

「 明るくて、広く、耐震的に強い間取り」

という希望。これは

明るい=窓が大きい(多い)

リビングが広い=柱が少ない

という事になりがちです。

これら2つに関して希望が叶ったとして

はたして、耐震の観点で強固なのかと

いう点では違います。

ですから、明るいと強いは決して比例

しません。

では、どうすればよいのか

1階2階の窓の位置を限りなく揃えて

必要な部分に壁や柱を設けて、直下率を

高める( 直下率はまたの機会に説明します。)

窓はバランスよく配置することが重要です。

 

全てはバランスをよくする。

これ以外にありません。

 

家の性能、間取り、予算、素材、設備、価格

デザイン、全てのバランスを考えるのが、

私が考えるいい家です。

 

堺市南区の注文住宅をつくる工務店

KITOKITO HOME&LIFE

堺市南区の雑貨屋

KITOKITO